親と教師のための子育て心理学
 子供のしつけと家庭教育


教育・子育ての基礎知識「自己評価」とは?
 子育ての基礎知識 『自己評価』
 自己評価は安定か不安定か?
 うつ病の原因は自己評価の低さにある
 自己評価はどのようにして形成されるか?
 ご褒美の持つ危険性
 罰則の持つ危険性
 体罰の持つ危険性
 小さい子どもを叩くしつけも必要?
 親子関係が希薄だと何が起きるのか?



参考になるオススメの教育法

子どもの「自尊心」を伸ばす子育て法 「親業」
 相手の抵抗を招く「12の対応」
 「受動的な聞き方」で話を促す
 「能動的な聞き方」で心の扉を開く
 こんな「能動的な聞き方」は失敗する
 相手を責める「あなたメッセージ」は逆効果
 「対決の私メッセージ」で相手の行動を変える
 こんな「私メッセージ」は失敗する
 「返事の私メッセージ」で上手に断る
 「予防の私メッセージ」で欲求を伝える
 「肯定の私メッセージ」で感謝の気持ちを伝える
 「勝負なし法」(第三法)で対立を解消する
 価値観の対立を解く方法
 「援助的な聞き方」で相手を助ける
 『親業』が子どもの人格形成に与える影響
 親業訓練講座はどこで受けられるの?

海外番組 子育てのプロ「ナニー」(動画)
 ケース1 過保護で甘やかす母と無関心の父 
 ケース2 暴力を振るう子と体罰の母、無関心の父、会話のない家庭
 ケース3 暴力を振るう子と話を聞かずに頭ごなしに怒鳴る母、無関心の父
 ケース4 叱れない親
 ケース5 夜泣きする兄弟と過保護の親



してはいけない教育法

「毒になる親」からのコントロール
 毒親による有害なコントロール
 毒親チェックリスト
 毒親に責任はあるか?
 心が健康な親VSコントロールばかりする親
 親に対する「罪悪感」と「真実」
 過干渉・過保護型の毒親
 愛情を与えない毒親
 完全主義者の毒親
 カルトのような毒親・軍人のような毒親
 言動が支離滅裂な毒親
 ナルシシストの毒親・勝ち負けにこだわる毒親
 虐待・体罰を加える毒親
 責任逃れをする毒親・子どもに依存する毒親
 侮辱的な言葉で自尊心を攻撃する毒親
 性的虐待、体罰、言葉による暴力で脳が萎縮
 動画投稿サイトで告発された毒親達

「父親不在」の家庭環境
 社畜化した親が家庭環境を崩壊させる
 「父親不在」の家庭環境が子供に与える影響

犯罪と毒親
 秋葉原連続通り魔事件の原因は毒親にあった


総合トップへ


管理人のお薦め本!
   親御さんやこれから親になる方に本当におすすめできる本です。
   心理学にもとづaく重要かつ基礎的な知識がまとめられており、
   これだけ知っておけば大失敗は避けられる内容です。

  

養育と教育は異なります。親は子供を授かった時に抱っこの仕方やミルクの飲ませ方などの養育の訓練は受けますが、教育の訓練を受ける人は少ないようです。こんな例が失礼なのは百も承知ですが、犬のブリーダーを例に取ってみればわかりやすいでしょう。犬が通行人に向かって吠えたときに多くの飼い主は「こーら、だめでしょ(笑)」などと言うのが一般的ですが、教育訓練を受けたブリーダーは「待て!」と言います。それでわからなければ頭を押さえて「待て!」とやります。そして言うことを聞けば褒めます。私の知るある犬は他の犬が家の前を通って吠えてきてもほとんど吠え返しません。しつけができているからです。しかし多くの飼い主は最低限の養育はしていても教育には興味がないように思えます。公園へ行くとノーリードの犬によく吠えられます。

もちろんこれは犬のしつけ方なのでそのまま人間には適用できませんが、人間にもそういった教育の定石、一定の法則、ノウハウはあります。ただしほとんど知られていません。政府がもっと親の教育講座をPRして無料で受けられる権利を付与すべきだと思っています。人間今までのやり方を否定するのは困難です。年をとるとプライドが高くなり考え方が変わりにくくなります。教育はなるべく若いうちに受けたほうが良いでしょう。


子育てとは親と子のコミュニケーションです。コミュニケーションはスポーツに似ています。スポーツは基本を無視した自己流では上達しません。むしろ変な癖がつくこともあります。知識と経験の両方が必要です。知識を経験でものにする。世間には本などで勉強することをハウツー、マニュアル、自己啓発だなどと言って批判する人がいますが、そういった人は本当に役に立つ本を読んだことがないだけなので、耳を貸す必要はありません。知識を吸収している人のほうが経験値の蓄積も早いのです。

inserted by FC2 system