群生秩序と市民社会の秩序

------------------------------------------------------------------
内藤朝雄『いじめの構造』より

第1章 「『自分たちなり』の小社会」では、学校という狭い空間に閉じこめられて生きる生徒たちの、独特の心理−社会的な秩序(群生秩序)を、いじめの事例から浮き彫りにする。

【事例2・葬式ごっこ 自殺の後】
一九八六年、東京都中野区立富士見中学校二年生のC君は、たびかさなる暴力や言葉によるいじめを受け続けた後、首を吊って自殺した。そのいじめのひとつとして行われた葬式ごっこの「色祇」には、教員数名が寄せ書きをしていた。C君の自殺直後、富士見中の校長と教頭が、C君の自宅にあがりこんで、葬式ごっこに使われた証拠の色紙を物色するが、見つけることができなかった。

C君の自殺後、加害生徒の一人Dは、Z教諭(葬式ごっこの「色紙」にサインをしたひとり)が見ている前で、同級生F君を「お前はC二世だ。Cのように自殺しろ」と約四〇回殴り続けた。それをZ教諭は無視した。怒ったF君がDに反撃したところ、Z教諭は、「やめなさい」と注意した。この件でDが暴行容疑で警察に逮捕されると、Z教諭と校長は、「(Dが)殴ったのは一回」「つついた程度」「『C二世』とは言わなかった」と、虚偽の発表をした。後に事実関係の違いを指摘された校長は、「教育の論理と司法の諭理がありますから」と言った。マス・メディアの取材でも、裁判の証言でも、教員たちは全員、「いじめはなかった」と主張した。C君からいじめの相談を受けてケアを担当していた養護教諭も、裁判では手のひらを返したように「いじめはなかった」と証言した。

事件の後、地元では、C君の妹が「生ゴミがいなくなって、よかった」と言ったとか、「あの一家は取材料でマンションを買うらしい」とか、両親が裁判を起こしたのは「お金が目当てだろう」といった噂が流れた。C君の両親の家には嫌がらせの電話がきた。富士見中PTAと地域住民のあいだでは、教員にとらせる責任を軽くしてほしいという署名が集まった。この事件を取材したノンフィクション作家の門野晴子は、著書『少年は死んだ』で次のように述べている。「『先生、おかわいそう』の署名はだいたいどこの学校でも特定の親に学校が頼んで出させるものだ。『あの家がおかしかったので学校が騒がれて迷惑ね』と言いながら署名を集め、事件の当事者を孤立させていくのがいわば学校の常套手段である。たとえそれに不本意な人であっても、学校関係の署名は踏み絵のごとき威力をもつから、拒否するには村八分とわが子の差別を覚悟しなければできない」

朝日新聞社会部『葬式ごっこ』には、次のようなある母親の言葉が記されている。「保護者会での発言が、出席していた親からその子、さらに生徒たちに伝わって、うちの子が『お前の親、カッコイイこといったんだってな』と白い目で見られた。子どもがいじめられるのではないか、と次から、何もいえなくなった」 (豊田充『「葬式ごっこ」—八年後の証言』風雅書房、朝日新聞社会部『葬式ごっこ』東京出版、門野晴子『少年は死んだ』毎日新聞社、「朝日新聞」『サンデー毎日』など)

加害生徒たち(そして教員たち)は、自分たちが「学校的」な空間のなかで生きていると感じている限り、自分たちなりの「学校的」な群れの生き方を堂々と貫く。彼らが、そのようなふるまいをやめるのは、市民社会の論理に貫かれ、もはや「学校的」な生き方が通用しないと実感したときである。

「濃密」に付和雷同して生きているこのようなことを、不勉強な識者たちは知らない。彼らは、学校の生徒たちが人の命を虫けらのように扱うのに驚き、「無秩序」「規範意識の衰退」「人間関係の希薄化」と脊髄反射的に口走ってしまう。また識者らは、生徒たちが悪ノリしてはしゃぐさまや、付和雷同するみさかいのなさに、「幼児性」を感じてしまう。そして、「最近の青少年は、幼児化している」などと口にしてしまう。

だが、次の瞬間、その同じ識者たちは、生徒たちの小社会に、金王朝の北朝鮮や戦争中の大日本帝国以上に、生活の細部にまで浸透し、人の魂を深いところから奴隷化する、陰惨な「秩序」を感じる。そこには、自殺した生徒の親に真実を伝える行為を、けっして許さない仲間内の「規範」がある。生徒たちは「濃密」に付和雷同して生きている。だから、互いのちょっとした気分の変化がこわい。また、生徒たちが人を脅かし、痛めつけ、自分たちがやったことを隠蔽する戦略的なふるまいや、いつ何どき足をすくわれるかもしれない過酷な群れを泳ぐ計算高さは、通常の大人以上に「大人」である。

現行の学校制度のもとでは、市民社会の秩序が衰退し、独特の「学校的な」秩序が蔓延している。それは世の識者らが言うように、無秩序なのでも秩序過重なのでもなく、人間関係が希薄なのでも濃密なのでもなく、人間が「幼児化」したわけでも「大人びた」わけでもない。ただ、「学校的」な秩序が蔓延し、そのなかで生徒も教員も「学校的」な現実感覚を生きているのである。人々が北朝鮮で北朝鮮らしく、大日本帝国で大日本帝国らしく生きるように、学校で生徒も教員も「学校らしく」生きているだけのことだ。この人道に反する「学校らしさ」が、問題なのである。

いじめの事例は、人間を変えてしまう有害環境としての「学校らしい」学校と、そのなかで蔓延する「学校的」な秩序をくっきりと描き出す。

「事例4・先生なんかきらいだ」
社会学者・竹川郁雄が参加した、いじめに関する調査(小学六年生、中学二年生対象、一九八四年)の自由回答欄に、いじめをしているある女子中学生は次のように記入している。「いじめは良くないと思うがやっている人だけが悪いんじゃないと思う。やる人もそれなりの理由があるから一方的に怒るのは悪いと思う。その理由が先生から見てとてもしょうもないものでも、私達にとってとても重要なことだってあるんだから先生たちの考えだけで解決しないでほしい」

別の男子中学生はこう記している。「いじめられた人はその人に悪いところがあるのだから仕方がないと思う。それと先生でもいじめられた人よりいじめた人を中心におこるからものすごくはらたつ。だから先生はきらいだ。いじめた人の理由、気持ちもわからんくせに」
(竹川郁雄『いじめと不登校の社会学』法律文化社より)

3−ノリは神聖にしておかすべからず

大人びていて幼児的
もう一度繰り返そう。いじめの場を生きている生徒たちは、ある意味では「人間関係が濃密」であり、別の意味では「希薄」である。彼らは、ある意味では「幼児的」であり、かつ別の意味では「大人びて」いる。また、あるタイプの「秩序が解体」しており、かつ別のタイプの「秩序が過重」である。

自然言語的了解(ことばのフィーリング)としては、「幼児的」は「大人びた」計算高さと矛盾するが、いじめの場において、「幼児的」と呼ばれる特徴と「大人びた」と呼ばれる特徴は表裏一体となっている。つまり、「大人びた」しかたで「幼児的」なノリを生きている。

学者や評論家が「幼児的」という稚拙な言葉で言い表そうとしている、悪ノリにふける群れのありさまは、全能を得ようとする傾向と呼ぶほうが正確である。この全能を仲間内で分相応に配分する、せちがらい政治と過酷な身分秩序は、まったく「幼児的」ではない。空騒ぎしながらひたすらノリを生きている中学生のかたまりは、無秩序・無規範どころか、こういったタイプの仲間内の秩序に隷従し、はいつくばって生きている。また、個人と個人の信頼に裏打ちされた親密性をきずなのあかしとすると、「人間関係が希薄」に見える。それに対して、「みんな」のノリを共に生きる「いま・ここ」を基準にすると、きずなが「濃密」に見える。こういう思考の混乱は、秩序を単数と考えることから生じる。

先に述べたように、Aタイプの秩序、Bタイプの秩序、Cタイプの秩序というように、秩序には複数のタイプがある。われわれは日々コミュニケーションを通じて、A秩序、B秩序、C秩序……といったさまざまなローカルな(小さな社会の)秩序を生み出しながらその中で暮らしている。これらの秩序のうち、あるタイプの秩序が純粋にそれだけで存在することはまれである。

あるタイプの秩序は別のタイプの秩序との関係のなかに位置(生態学的ニッチ)を占めて存在している(図1参照)。こういったさまざまな秩序のせめぎあいに応じて、Aリアリティ、Bリアリティ、Cリアリティ……といったさまざまな現実感覚(リアリティ)が、「あたりまえ」の位置を奪いあっている。図1のような諸秩序の連関を、本書では、秩序の生態学的布置と呼ぼう。「布置」とは、それぞれの要素が他の要素との関係の中で位置を占めて存在する配置の構図である。



秩序の生態学モデル
どういうタイプの秩序が優位であるかによって、現実感覚は刻々移り変わり、何が「あたりまえ」か、何が「よい」と感じられ何が「悪い」と感じられるかも変化する。複数の秩序に応じて、複数の「よい」「悪い」が生じる。いじめ論者たちが「秩序の解体」を読み込んだり「秩序の過重」を読み込んだりする事態は、ある秩序と別の秩序との生態学的な競合において、一方が勢力を拡大し、他方が淘汰される事態である。

このような考え方を、秩序の生態学モデルと呼ぼう。本書でとりあげる事例は、ありきたりの学校のありきたりの生徒たちの事例であり、もっぱらあるタイプの秩序と現実感覚が、他のタイプの秩序と現実感覚を圧倒し、後景に退かせるようなしかたで突出しているという意味で、典型的な事例である。これらの事例は例外的なもので、「ほとんどの中学生たちはこんな酷い人たちではない」と感じられるかもしれない。確かに彼らは、日常生活のひろがりのなかで、さまざまに異なるタイプの社会秩序や現実感覚を(多かれ少なかれ)同時並行的に生きている。

事例が示す局面で露出したタイプの秩序(次に述べる群生秩序)と現実感覚は、別の時点、別の局面では後景に退いているかもしれない。だが、多くの生徒たちの日常生活では、他のタイプの秩序と混在したかたちで、ここで露出してしまったようなローカルな秩序が厳然と部分的に作動し、生きられている。彼らは、共同体を強制するタイプの学校で生活する限り、多かれ少なかれそれが露出する局面、あるいはその露出の可能性に不安をおぼえる局面を体験しているはずである。

本書ではこのような考え方に従って、典型的ないじめの事例から、問題となる心理−社会的な秩序の原形を抽出していく。そしてその後に、それを他のいくつかのモデルと組み合わせて複雑な現実を説明する。

群生秩序

秩序の生態学モデルに従って、生徒たちが生きている小世界の秩序を考えてみよう。それは、「いま・ここ」のノリを「みんな」で共に生きるかたちが、そのまま、畏怖の対象となり、是/非を分かつ規範の準拠点になるタイプの秩序である。これを、群れの勢いによる秩序、すなわち群生秩序と呼ぶことにしよう。本書で紹介する事例は、このようなタイプの秩序を、典型的に示している。以下では、群生秩序を、正反対のタイプの秩序(市民社会の秩序)と対比しながら、浮き彫りにしよう。

市民社会の秩序と群生秩序

群生秩序に対して、その場の雰囲気を超えた普遍的な理念やルールに照合して、ものごとの是/非を分けるタイプの秩序を普遍秩序としよう。人類の歴史をふりかえってみると、かならずしも普遍主義(普遍秩序)とヒューマニズム(人間主義)が結びついているとは限らない。たとえば神の栄光のためなら人間が滅びてもかまわないとする立場は、普遍主義であっても人間主義ではない。また逆に、身近な「仲良し」関係で小集団自治的な生活世界を生きており、関係が良好である限りにおいて周囲にあたたかい配慮を示すが、「仲良く」できない、あるいは「生理的な嫌悪感」を感じる人には酷薄(残酷で薄情)にふるまうタイプの人は、人間主義的ではあるが普遍主義的ではない。

ちなみに多くのいじめは、「人間主義」的に行われている。現代の先進諸国では、いくつかの普遍的な理念やルールを組み合わせて市民社会の秩序が編成されているが、その中心部分(核となる最高価値)は、①普遍的な ②ヒューマニズム(たとえば、人権、人間の尊厳、自由、平等など)である。ここでは、さまざまにありうる普遍秩序のうち、このような普遍的ヒューマニズムを核とした先進諸国型の秩序を、市民社会の秩序と呼ぶことにする。

このような複数の秩序を考えると、これまでのいじめ論の矛盾と混乱が一気に水解する。市民社会の秩序を「秩序」と見る視点からは、いじめの場に「秩序の解体」が見えてくるが、群生秩序を「秩序」と見る視点からは、「秩序の過重」が見えてくる。市民社会の秩序や個と個の親密性を見る視点からは人間関係が「希薄」に見え、群生秩序を見る観点からは「濃密」に見える。また市民社会の秩序を見る視点からは、群生秩序にもとづいた行動をとる心性は「幼児的」で「欲求不満への耐性が欠如」しているように見える。だが、群生秩序を見る視点からは、悪ノリしている最中ですら計算ずくでうまく立ち回って「大人びて」おり、自分の身分的立場が弱くなればひたすら卑屈になって「辛抱している」ように見える。

ここで重要なポイントは、規範の準拠点がどの水準にあるのか、ということだ。市民社会の秩序のように、規範の準拠点が、そのときそのときのみんなのこころの動きを超えた普遍的な水準にある場合、いじめをしている者たちの付和雷同は「悪い」ことだ。

それに対して、ここで問題にしているノリの秩序(群生秩序)では、共同生活のその場その場で動いていく「いま・ここ」が、「正しさ」の基準となる。強制された学校コミューンの局面ごとに刻々と動いていく「いま・ここ」の雰囲気のメリハリ(ノリの強度)が、そのまま個を超えた畏怖の対象となり、規範の準拠点になる。

ここでは、その場その場のノリヘの付和雷同こそが人倫のかなめであり、人と人との間を生きる人間の証となる。共同生活の「いま・ここ」に従って素直にノリを生きる、清く明るいこころがもっとも大切だ。「いま・ここ」のノリにまつろわない(祭ろわない)者は、くらく穢れた、非人間的な存在として忌み嫌われる。

つまり純粋形の群生秩序は、群れの付和雷同のなかで全能を配分することによって、是/非(たとえば、ノリがよい、すかっとする/ムカつく、嫌われもの、死ね!)を分かつ、情動の共振から生じる秩序である(本書の後半では、利害と結合した複合形の群生秩序を示す)。これを規範的な言い方で表すとすれば、「ノリは神聖にしておかすべからず」、あるいは「空気を読め」となる。

本書の事例で紹介された、群れた中学生たちの小社会では、ノリがそのまま規範の準拠点になっている。赤の他人が無理矢理ベタベタするよう集められた学校で、生徒たちは生活空間を遊びのノリで埋め尽くし、そのノリに仕えて生きる。空騒ぎしながらひたすらノリを生きている中学生のかたまりは、無秩序・無規範どころか、こういったタイプの秩序に対して、はいつくばって卑屈に生きている。

「よい」は「みんな」のノリにかなっていること

このような小社会では独特の「よい」と「悪い」が成立している。彼らは、自分たちなりの独白の「よい」「悪い」に、大きな自信と自負を持っている。それは、きわめて首尾一貫したものだ。この倫理秩序に従えば、「よい」とは、「みんな」のノリにかなっている、と感じられることだ。

いじめは、そのときそのときの「みんな」の気持ちが動いて生じた「よい」ことだ。いじめは、われわれが「いま・ここ」でつながっているかぎり、おおいにやるべき「よい」行為である。いじめで人を死に追い込む者は、「自分たちなり」の秩序に従ったまでのことだ。大勢への同調は「よい」。ノリがいいことは「よい」。周囲のノリにうまく調子を合わせるのは「よい」。ノリの中心にいる強者(身分が上の者)は「よい」。強者に対してすなおなのは「よい」。

「悪い」とは、規範の準拠点としてのみんなのノリの側から「浮いている」とかムカツクといったふうに位置づけられることだ。自分たちのノリを外した、あるいは踏みにじったと感じられ、「みんな」の反感と憎しみの対象になるといったことが、「悪い」ことである。

「みんなから浮いて」いる者は「悪い」。「みんな」と同じ感情連鎖にまじわって表情や身振りを生きない者は、「悪い」。「みんなから浮いて」いるにもかかわらず自信を待っている者は、とても「悪い」。弱者(身分が下の者)が身の程知らずにも人並みの自尊感情を持つのは、ものすごく「悪い」。それに比べれば、「結果として人が死んじゃうぐらいのこと」はそんなに「悪い」ことではない。他人を「自殺に追い込む」ことは、ときに柏手喝采に値する「善行」である。もっとも「悪い」のは、「いま・ここ」を超えた普遍的な次元への「チクリ」と、個人的な高貴さである。そういう者は徹底的に苦しめなければならない。彼らはそのような「悪い」者を、「いじめ=遊び」の玩具として思う存分痛めつけ、辱め、あらたな全能感ノリを享受しようとする。

もちろん、このような「ノリの国」では、個の尊厳や人権といった普遍的ヒューマニズムは「悪い」ことであり、反感と憎しみの対象になる。彼らにとっては、その場その場で共振する「みんな」の全能感ノリを超えた普遍的な理念に従うことや、生の準拠点を待つことは「悪い」。自分たちの「ノリの国」を汚す普遍的な理念に対して、中学生たちは胃がねじれるような嫌悪と憎悪を感じる。

彼らの小社会では、ノリながらやるのであれば、何でも許されるが、「みんなから浮いて」しまったら、何をやっても許されない。中学生たちはその場その場のみんなのノリをおそれ、かしこみ、うやまい、大騒ぎをしながら生きている。

いじめで人が死んだり自殺したりしたときですら、生徒たちは「かっこいい」と拍手喝采したり、堂々と「遊んだだけよ」と言うことがある。「どうしていじめたのか」と尋ねられて、加害生徒が、「おもしろかったから」とか「遊んでいた」といったふうに答えることもある。このようなとき、彼らは「自分たちなり」の遊びとノリの秩序にしたがって、文字通り「おもしろい」からいじめている。

ここで「遊んだだけ」というときの遊びは、「自分たちなり」のノリの秩序に従いながら、ノリを次々と生み出す。このような秩序状態のもとでは、「みんな」の遊びに逆らうことは強烈なタブーである。また、遊びであればすべてが許される。

身分は厳格に定まっている

こういった「遊び」の流れにしたがって、そのつど仲間内の身分関係が動いていく。みんなの感情共振的なノリの秩序のなかで、誰がどのくらい存在感を侍ってよいか、楽しげに存在してよいか、幸福そうに笑ってよいか、といった身分は厳格に定まっている。

たとえば、いじめ被害者が楽しそうに微笑んでいるのを偶然見かけただけで、いじめグループぱ憎しみでいっぱいになる、といったケースがよくある。この場合、彼らは、まるで不正をおかした者に対するかのように「許せない!」と憤激する。中学生の自治的な世界の内部では、いじめ被害者が幸福そうにふるまうことは、「われわれ」の共生に対する、いわば「表情罪」あるいは「態度罪」ともいうべき罪にあたる。

このような秩序のなかでは、何をやっても「悪い」のがいじめ被害者だ。暗い顔をしているといっては責められる被害者が、明るい顔をすると今度はもっと責められる。こういったダブルバインドで締め上げられ、見当はずれの「自己改善」を繰り返しながら、「友だち」に痛めつけられ続けるのが被害者の身分的運命だ。こういう分際でありながら楽しそうに微笑むなどということは、ノリの秩序をだいなしにする許しがたい行為だ。

彼らの秩序がノリの秩序であればあるほど、そのノリや「こころ」のありかたの配分をめぐる身分関係は峻厳苛烈なものになる。その場その場のみんなのノリに気を配り、そのノリに即した自分の位置(身の程)をわきまえなければならない。この微妙な線引きを少しでも誤ると、ムカツクとかジコチュウ(自己中心的)とか言われる。

このような身分秩序は、「先生から見てとてもしょうもないものでも、私達にとってとても重要なこと」だ。そして彼らの「自分たちなり」の秩序感覚にとっては、「やる人もそれなりの理由がある」し、「いじめられた人はその人に悪いところがあるのだから仕方がない」(【事例4・先生なんかきらいだ】28ページ)。

こういったローカル秩序のなかで生きられる現実感覚は、「人間とは何か」という問題をわれわれに突きつける。というのは彼らはときに人間の尊厳を、ときには生命さえ、あたりまえのように軽視するからだ。自分たちがいじめていた「友だち」が自殺や自殺未遂をしたと知らされて、クラスのみんなが拍手喝采して大はしゃぎする、といったできごとは、いじめが蔓延する学校では、とりたてて珍しいことではない。このような現象も、彼らなりのノリの秩序から説明できる。

ノリの秩序によれば、ひとりひとりの人間存在は、その場その場の「みんなの気持ち」、あるいはノリの側から個別的に位置づけられて在るものであって、人間が「人間である」というだけで普遍的に与えられるものではない。人間は諸関係の総体である。いじめで盛り上がる中学生たちは哲学的な思考などしないが、近代実体主義を超えた徹底的な関係主義と社会構成主義を「いま・ここ」で生きている。

たとえば、いじめ遊びは、「わたしたち」の大切なノリのいとなみであり、そのノリに即して人間の位置と価値が定まる。ノリの秩序の中ではいじめられる身分の者は、その場その場のノリをこの身に受けて共鳴するうつわ=諸関係のむすびめ(みんなの玩具)としてのみ存在意義がある。玩具に対して「独自の人格」を前提することは不自然であり、命令によって動かすことがもっとも自然な接し方である。「事例3・遊んだだけ」(26ページ)で、女子中学生が「気絶するまで闘わせる遊び」という命令的な言い方を、大人たちの前ですらごく自然な感覚でしたのは、このような倫理秩序において、である。
------------------------------------------------------------------

★群生秩序は高い「同調力」によって引き起こされる。また、被害者の痛みを理解する「共感力」はいじめを抑制する。

TOP [ニート・ひきこもり・不登校(登校拒否)の原因と親]

inserted by FC2 system