性的虐待、体罰、言葉による暴力で脳が萎縮


朝日新聞社 『長期体罰の子、脳が萎縮 熊本大准教授が共同研究』より引用

--------------------引用開始--------------------
子どものころ長期にわたり強い体罰を受けた人は、受けていない人より脳の前頭葉の一部が最大で約19%縮んでいるという研究結果を、熊本大大学院医学薬学研究部の友田明美准教授(小児発達社会学)が米ハーバード大医学部との共同研究でまとめた。体罰と脳の萎縮(いしゅく)の因果関係を実証した研究として、体罰のあり方に一石を投じることになりそうだ。

 友田准教授は筑波大(茨城県つくば市)で開かれている「都市化社会と脳の健全育成」を主題としたシンポジウムで25日、研究結果を発表する。11月に米ワシントンでも学会発表の予定。

 研究は米国で、4〜15歳のころに平手打ちされたり、むちで尻をたたかれたりするなどの体罰を年12回以上、3年以上にわたって受けた米国人の男女23人を対象に実施。磁気共鳴断層撮影装置(MRI)で脳の断面図を解析したところ、体罰を受けず育った同年代の22人に比べ、感情や意欲の動きにかかわる前頭前野内側部が平均19.1%、集中力や注意力にかかわる前帯状回が16.9%、認知機能にかかわる前頭前野背外側部が14.5%小さかった。

 小児期に過度の体罰を受けると行為障害や抑うつなどの精神症状を引き起こすことは知られているが、脳への影響は解明されていなかった。今回の研究で脳の萎縮がみられた人については、体罰でストレス下に置かれた脳が、前頭葉の発達を止めたと考えられるという。

 友田准教授は「研究結果は虐待の早期発見に生かせるのではないか」と話している。

■虐待発見に役立つ

 子どもの虐待に詳しい才村純・関西学院大学人間福祉学部教授(児童福祉・母子保健)の話 虐待が子どもに与える影響を客観的な証拠で示した画期的な研究だ。子どもが虐待の事実を言い出せず、親も隠したり認識がなかったりして見落とされる事例は多い。脳との因果関係を裏付けることができるなら、隠れた虐待の発見に役立つだろう。研究成果が今後、教育や福祉の分野で普遍化されていくことを期待する。



「前頭前野内側部」の萎縮を示す脳の断面図。赤や黄の色がついた部分が縮んでいる=友田明美准教授提供
--------------------引用終了--------------------


西日本新聞 『幼い脳、悲しい防衛本能 性的虐待、言葉の暴力で萎縮』より引用。

--------------------引用開始--------------------
■熊本大准教授らがMRI解析 早期ケアで回復の期待

 虐待された子どもが負う傷は、身体と心だけではなかった。小児期に虐待を受けた人の脳を磁気共鳴画像装置(MRI)を使って研究している熊本大大学院医学薬学研究部の友田明美准教授と米ハーバード大の研究チームは、性的虐待や言葉の暴力を受け続けた人の脳が萎縮(いしゅく)していることを突き止めた。脳が無言で訴えていることは何だろうか−。児童虐待防止推進月間の11月、友田准教授に聞いた。(河津由紀子)

 ▼注意力が低下

 研究チームは、4−17歳までに3回以上の性的虐待を受けた米国人の女子大生(18−25歳)23人と、虐待されたことのない同年代の女子大生14人の脳を比較した。

 その結果、大脳半球の後ろ側にある後頭葉の視覚や空間認知をつかさどる「一次視覚野」が、虐待を受けた女子大生の方が14・1%小さかった。

 思春期を迎える前の11歳までに性的虐待を受けた人の方が、萎縮の割合がより大きかった。この萎縮によって、注意力や視覚的な記憶力が低下するなどの影響が考えられるという。

 また、言葉の暴力を対象とした研究では、4−17歳までに保護者から侮辱されたり、暴言を吐かれたりする経験をほぼ毎日受けた18−23歳の男女22人の脳は、そうでない同年代の20人の脳に比べて、大脳半球の側頭葉のなかで聴覚をつかさどる「上側(じようそく)頭回(とうかい)」が左脳で9・2%、右脳では9・9%小さかった。殊に男性は萎縮の割合が大きく、左脳が15・9%、右脳が13・8%縮んでいた。側頭葉だけでなく、頭頂葉にある言語を理解する部分にも萎縮がみられたという。

 ▼発達が止まる

 

萎縮は、虐待をストレスと感じた脳が副腎皮質ステロイド(ストレスホルモン)を大量に分泌し、成長している子どもの脳の一部の発達を一時的に止めることから起きると考えられている。

 では、なぜ虐待の種類によってストレスホルモンが影響する部分が違うのだろうか。

 友田准教授らの研究チームは、このようにみている。

 例えば性的虐待は、親族など身近な人が加害者となることが多い。信頼している相手から思わぬ被害を受けた子は、その行為や相手の姿を見ないように、言葉の暴力を受けた子は、自分を傷つける言葉そのものを聞こえなくするため、無意識のうちにストレスホルモンが働いて脳を萎縮させているのではないか−。

 友田准教授は「防衛本能によって外界から脳への感覚的な情報を拒絶するような、悲しい“発達”を遂げたのではないでしょうか」という。

 ▼気付かぬ被害

 厚生労働省によると、2007年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待の件数は4万件を超す。

 身体的虐待やネグレクト(育児放棄)は1万5千件以上だが、性的虐待は1293件と全体の約3%に過ぎない。言葉の暴力を含む心理的虐待も次いで少ない7621件(約19%)だった。

 件数が少ない背景として、性的、心理的虐待は、身体的虐待のように目に見えるあざや傷が残らないため、周囲が気付きにくいということがある。

 言葉の暴力による心理的虐待は、怒鳴り声を耳にした近くの住民からの通報などで発覚することもあるが、幼児期の性的虐待は、被害者である子どもが性的行為の意味が分からず、言葉でも表現できないため表面化しにくい。身体的虐待を受けた児童が保護された後、性的虐待を打ち明ける例や「妊娠したかもしれない」と子どもが病院を訪ねて発覚した例もある。

 友田准教授は、虐待による脳萎縮の研究が進めば、発覚しにくい虐待を裏付ける手段の一つにもなると考えている。その上で「萎縮する前に、被害に遭っている子どもの小さなサインに気づき、一刻も早く保護することが重要」と呼び掛ける。

 年齢が低いほど、適切なケアを受ければ萎縮が回復する可能性があるという。
--------------------引用終了--------------------


関連記事
罰則の持つ危険性
体罰の持つ危険性
小さい子どもを叩くしつけも必要? 米調査で「良い子に育つ割合が高い」

続いて他の毒になる親の事例を見ていくことができますが、ここから先は過去に当事者の子供であった人にとっては、読むことにより当時の記憶や感情が蘇り、精神が不安定になることがあります。充分にご注意ください。

 毒親による有害なコントロール
 毒親チェックリスト
 毒親に責任はあるか?
 心が健康な親VSコントロールばかりする親
 親に対する「罪悪感」と「真実」
 過干渉・過保護型の毒親
 愛情を与えない毒親
 完全主義者の毒親
 カルトのような毒親・軍人のような毒親
 言動が支離滅裂な毒親
 ナルシシストの毒親・勝ち負けにこだわる毒親
 虐待・体罰を加える毒親
 責任逃れをする毒親・子どもに依存する毒親
 侮辱的な言葉で自尊心を攻撃する毒親
 性的虐待、体罰、言葉による暴力で脳が萎縮


スーザン・フォワードの著書「毒になる親」の13章には親と対決する方法が載っています。親に直接会うか、手紙を書いて、親が過去にしたことと、それが自分に与えた影響を洗いざらい話し、トラウマを原因となった親に返すのです。

もしあなたが、それをやるつもりであるならば、「毒になる親」と合わせて「論理的思考力とは? 論理的な討論・議論・ディベート・ディスカッション」というサイトを読むことをオススメします。頭のなかを整理するのに役立つはずです。


TOP [ニート・ひきこもり・不登校(登校拒否)の原因と親]

inserted by FC2 system